コンゴプロジェクトってなにしているの?

みなさま、こんにちは。

最近、梅雨のじめじめ感に早くも夏バテしている
コンゴプロジェクト4年のみつえりです。

今回は、少しコンゴプロジェクトに関する話をしようと思います。

「コンゴプロジェクトってあるのは知ってるけど、実際なにしているの?」

と聞かれることも多いので、
皆様に少しでもプロジェクトに関して知っていただけると幸いです:)
コンゴプロジェクトとは、
正式名:コンゴアカデックス小学校プロジェクト と言います。

プロジェクトの活動を一言でいいますと、
「コンゴ民主共和国、現地での小学校づくり」を行っています。
このプロジェクトには 教育チーム・建築チーム・医療チームの3つのグループがあり
それぞれの分野を専門に勉強する学生が集まっています。

それぞれのチームはプロジェクトの中で下記の役割を担っています
教育チーム:学習環境設計
建築チーム:校舎の設計・施工
医療チーム:学校・地域の保健衛生調査、教育

毎年夏にフィールドワークを行い、
現地へ渡航し、一つ屋根の下で(借家)生活をしながら
現地のアカデックス小学校を中心に活動を行っています。
ちなみに私たち長谷部研の学生は教育チームです。

このプロジェクトの創始者はコンゴ民主共和国出身で英語教員のサイモン・ベデロ氏でプロジェクトは彼の「故郷へ恩返しをしたい」という想いからスタートしました。
2008年にスタートしたこのプロジェクトは今年で6年目を迎えました!

コンゴプロジェクトの概要はざっくりこんなかんじです。
チームの詳しい活動のお話はまた後日させて頂きたいと思っています。

では、また次回 🙂

みつえり

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中