サブゼミ&合宿がなきゃ、コンゴPは進まない!

こんにちは。浅野です。

藤沢市では季節外れの台風も通り過ぎて、なんだか暑い日が続いています。あ、藤沢市とはSFCのある神奈川県の土地です。遠くに富士山も見えるんですよ。

さてさて。

現在コンゴPでは着々と夏のコンゴ渡航に向けて、準備が始まっています。その詳しい情報も後々お伝えさせていただきますが、今日はそういった準備や話し合いといった活動がどのように行われるのかお伝えします。赤裸々に。

今回は2年生の瑞樹くんに紹介をお願いしてみます✩

 

こんにちは!総合政策学部2年の秋保瑞樹です!

今回はサブゼミ合宿の概要についてお伝えします!コンゴPでは、サブゼミと合宿という2つの場が、プロジェクト活動の重要な二本柱になっています。

まず、サブゼミです!
(SFCキャンパス内にはサンドウィッチショップ、サブウェイがあり、そのサブウェイで行っているから「サブゼミ」というのかと思ったら、関係ないらしいです笑)
サブゼミとは、毎週木曜日の研究会授業時間の後に、長谷部研のプロジェクトごとに集まって行うものです。
そこでは、主にコンゴPとしての活動と個人研究活動の共有と意見交換を行っています!そこでの話し合いが、その後研究の発展や方向修正につながります。
リラックスした雰囲気の中にも、ピリッとした空気があり、充実した時間です!

次に、合宿
合宿は基本的に常磐荘という、鎌倉市にあるおうちをお借りして行っています!ですが、長谷部研内どのプロジェクトも使うので借りるのは激戦です笑 借りれない時はプロジェクトメンバーの自宅で行います。第一回の合宿は常磐荘争奪敗北したため、某メンバーのおうちにコンゴP集結しました。
合宿では、時間が足りないためにサブゼミの中ではなかなか話し合えない内容を突き詰めます!時間は無制限なので(鎌倉の夜明けは綺麗ですよ!)、とことんプロジェクトメンバーと向き合って、意見をぶつけ合っています。
第一回合宿では長谷部研究会の柱、「協働」について熱く議論し、その解釈や意義、方策を共有することができました!

長谷部研は、「人と人とのつながり」を大切にしています。無論その研究会内に存在するコンゴPも。ですので、授業外で行うこのようなコミュニケーションを欠くことはできません。話すこと。伝えること。知ること。理解すること。批判しあうこと。認め合うこと。これがなければ、前進なんてありえません。

サブゼミや合宿は、その「つながり」を生み出す重要な場なのです。

 

ありがとう、瑞樹くん。

そうです。このようにしてコンゴPの活動は進んでいます。

タイムリーなお話。実は昨日、今期初の鎌倉合宿を行いました!コンゴPメンバーだけではなく、共にコンゴへ夏渡航する、日本語プロジェクト(日本語P)のみなさんも一緒に。

日本語Pの活動については、

上記のフェイスブックページに情報が載っています。

いずれこちらで日本語Pの活動も紹介しますね。

果たして、第一回合同鎌倉合宿で何が起きたのか、夏渡航ではどんな動きがなされるのか。

 

それでは、次回公開をお楽しみに。

<文責:浅野千咲>

 

ご意見、ご要望等あれば、下記フォームよりご連絡お願いします。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中